今の時代、企業は益々即戦力を求めるようになっています。

変化のスピード、業界の垣根を超えたナレッジ、業績へのプレッシャー、、理由は色々ですね。

技術革新のスピードが早まり企業はより即戦力を求めるようになったという説明がありますが、このデータを見ると確かに理解できます。

▼製品寿命3年以下の製品の割合(経済産業省)
産業機械:16.2%(2002年)→ 40.4%(2012年)
自動車 :18.6%(2002年)→ 35.5%(2012年)
電気機械:43.8%(2002年)→ 72.6%(2012年)

物凄い勢いで製品サイクルが短くなっていますね。見てびっくりしました。

 

企業が即戦力を求める動きは時代の流れですが、
即戦力として中途採用した人材の活かし方はどうでしょうか?

まだ上手でない企業が多いと思います。

 

水を与えなければ花は咲きません。

同様に、即戦力人材であっても、きちんとしたサポートや支援なしに、周囲が「お手並み拝見」スタンスでは花を咲かせません。

周囲の方も別に意地悪しようとか、協力したくないと思っている訳ではないのですが、意外と「お手並み拝見」スタンスの人が多いものです。

第三者が知らない会社に入ってきて、異文化にしっかり根を生やすにはどうしても時間がかかります。
根っこがない段階で性急に成果を求めたら、花が咲く前に倒れてしまいますよね。

 

中途採用は即戦力なんだから入社してすぐ結果を出して当然!という意見もあるかもしれません。

確かに根が生える前に成果を出す人も稀にいらっしゃいます。

が、多くの場合、長続きしません。
もしくは風が吹けば外に飛んでいってしまうでしょう(さっさと見切りをつけて他社に転職してしまう)。

 

では人材に与える“水”とは、何だと思われますか?

皆様ご想像のように、色んな水があります。

会社を深く理解してもらう、仕事を教える、社内のキーパーソンと繋ぐ、業務が上手くいくよう他部署との調整をしてあげる、耳を傾け何か問題があれば助ける、相談にのる、お互い納得のいく仕事の目標を握る、ランチする、飲みに行く、声をかける、雑談する、人となりを知ろうとする、笑顔で挨拶する、などなど。

大きな事から小さな事までありますが、全て”水”だと思います。
ちょっとした”水”であっても、異文化に慣れない人にとってはとても有難いものです。

敢えて分類すると、「業務を進めるためのサポート」としての水と、「関係性を築くための」水の2つがありそうです。

こうした水を得て、人は徐々に帰属意識や連帯感を感じ、仕事でも成果を出しながら、じわりと根が生えていきます。

 

更に水のあげ方も工夫が必要です。

美味しんぼで有名になった永田農法のトマトは、水や肥料を極限まで減らし、植物の本来の力を引き出します。

企業においては相手はトマトでなく人間なので、水を極限まで減らす必要はありませんが、新しい環境で慣れないだろうからと何でも手伝ってあげすぎると、逆に受け身になり、野性が発揮されません。

ここの手綱さばきはとても難しいですが、受け入れる側の上司の大事な役割です。

私のざっくり感覚にはなりますが、「業務を進めるためのサポート」としての水と「関係性を築くための」水のうち、前者は本人の自走力を見ながら程よく提供し、後者はケチらずたっぷり与えていくのがいいと体験的には感じております。

 

中途採用市場にミスマッチはつきものですが、いい大人同士がお互いを選んだわけですから、本人も受け入れる側も努力して上手くいって欲しいなと思います。

 

2025年の人手不足は583万人に達するという予測があります(パーソル総合研究所調べ)

この人数を比率換算すると、今後毎年1%ずつ減少するペース。
単純計算だと100人の会社は5年後は5人足りなくなり、10年後は10人不足します。

企業が勝ち残るためには、ますます人材を活かして伸ばす力が大切ですね。

 

以上、「水を与えなければ花は咲かない ~中途採用人材に与える“水”とは?」でした。