英語の下手くそな私ですが、not A but Bという初歩的な構文を拝借してタイトルにさせて頂きましたが、人材育成はお金ではなく知恵(&汗)だと思っています。

中小企業は予算がないし人事機能も弱く、「なかなか人材育成ができない」という声を聞きますが、本当は中小企業であっても十分に人材を育成できる筈です。

人材育成というと、外部講師を呼ぶ「研修」をイメージされがちですが、「研修」は人材育成のごく一部でしかありません。

 

では人は何から学んでいるのでしょうか?

 

米国のLominger社による有名な調査結果「70-20-10の法則」があります。

リーダー人材達が過去に何から学んだか聞いたところ、

・ 実際の仕事の経験  70%
・ 他者(**)からの学び  20%
・ 研修  10%

という結果でした。

**「他者」:上司、先輩、同僚、メンター、コーチ、ロールモデル、その他話を聞いた第三者など

 

この比率は恐らく皆さんの肌感覚に近いのではないでしょうか。

10%に相当する研修も有用ですが、何より大事なのはまず70%を占める「仕事の経験」による学びです。
日常の仕事の中でいかに育てるか、つまりOJTの学習効果をいかに高めるかという事にほかなりません。

 

ただこの“OJT”というのが曲者です。

【 とりあえず現場に放り込めば勝手に育つ = OJT 】

みたいな感覚の方が皆さんの周りにも多くありませんか?

 

確かに現場に放り込むのですが、放り込まれる先はどんな現場でしょうか?
放り込むと育つ現場もあれば、なかなか育たない現場もあるという事です。

 

新卒の学生が入社してきた場合を想像してみて下さい。
新人が働く環境を2つのパターンで対比してみます。

・先輩社員が一生懸命働いている VS やる気なさそう
・仕事の目的や役割が明確 VS 目的や役割が曖昧
・参考にする先輩や基本手順がある VS 参考にするものが何もない
・自分の成長や課題に気づく機会がある VS 気づきの機会がない
・上司や周囲が関心をもってくれる VS 上司や周囲が無関心
・仕事が単純 VS 頭を使って工夫する余地がある

敢えて両極端のパターンで比べてみましたが、どちらの環境の方が人が育つでしょうか?

 

70%を占める“実際の仕事の経験”における育成効果を高めるためには、
現場の仕事のさせ方や環境が非常に重要なファクターになります。

次回は現場の環境をどうすれば良いかについて、更に踏み込んで考えてみたいと思います。